家づくりでは床と土間の色の選択も考えて!

家づくりでは、「汚れの目立たなさ」を優先させる人も多いでしょう。私は家づくり当時、既に「オシャレよりも快適さを優先したい」という人でしたから、一戸建てマイホームの設計についても、その方向性で選択をしていきました。

フローリングの色は、もちろん無難な茶色です。木目調の茶色ですよ。フローリングの色は、薄いと抜け落ちた髪の毛が目立ってしまうと聞きますし、けれど濃すぎると埃が目立ってしまうと言いますよね。ですから私は無難なところで「木目調のブラウン」の選択をしたのです。

けれど、フローリングの色には気を使えていたものの、しかし「玄関のタイルの色」はとくに気にしていませんでした。そうですよね。玄関だって汚れやすいところです。いや、廊下や各部屋以上に汚れやすいところだと言えるかも知れません。

しかしそれなのにも関わらず、わが家の玄関タイルの色は水色なんです。薄い水色のタイル敷きなんですよ。ですから泥汚れの靴が入ってきたら、汚れが目立ってしまいますね。いや、泥汚れだけではなくて、子供の靴に入っている砂なんかも目立ってしまう玄関ですね。

ですから「掃除がめんどい」と思っている人たち。掃除の手間を省くのならば、汚れが目立たない色を選択!そして玄関にしても忘れないようにということですよ。