子供部屋と広い空間を考えた注文住宅

今思えば木造の注文住宅にしたことは正解だったと満足しています。始めは一戸建てなら何でもいいという考えの元から建売などを検証しておりましたが、いくつか拝見してて何か物足らないなという違和感があり、それで木造注文住宅に切り替えたんです。
もちろん費用などは覚悟の上でした。ただこれまで二人暮らしをしてて特に不自由を感じることもなく集合住宅などで暮らしてたんですけど、それも子供ができてしまうと一変して自分の持ち家を持ちたい、そして自由に暮らせるライフスタイルと言いますか何のストレスもなく生活をさせたいと考えるようになったんです。
こうしたことからまず拘りを持ったのは間取りになるのですが、まずは忘れず子供部屋は用意すること、LDKは家族みんなが集まる場所でもありますので居てるだけで癒されるような空間にしたかったということもあり木造は欠かせない素材だと思いました。広く設計した空間は眺めるたびに注文住宅にして良かったなと感じます。

子供部屋と広い空間を考えた注文住宅” への1件のフィードバック

ただいまコメントは受け付けていません。