マイホームには個人部屋も必要です。

私が度々、家づくりについて訴えていることはと言えば、「マイホームには個人部屋も必要です」ということです。夫婦二人暮らしの一戸建て住宅にしても、可能ならば個人個人の部屋は設けておく方がいいと思うんです。夫婦の寝室は一つにするにしても、書斎は設ける方がいいと私は考えています。

また、子供のいる家にしても、子供部屋は設けるじゃないですか。しかし親の部屋は作らなかったりするわけです。それはスペース節約のためにといった理由にて。書斎を節約して、その分リビングルームを広げたいという思いがあって、書斎を削る人もいますよね。

しかし私は、「それはやめた方がいい」と思ってしまいます。なぜなら、リビングを広くとったところで、子供が育てば結局は個人部屋にいる時間が多くなると思うからです。それならば、しっかりと書斎を作る方がいいのではないかーと私は考えているのですよね。

まあ我が家にしても、私の部屋、旦那の部屋、子供の部屋といったように、各人の部屋を設けるスペース的余裕はなく、子供の部屋と書斎と寝室となっているのですが。しかし「書斎」があるだけで作業効率が違いますから。やはり何かをする時に一人になれる部屋って大事ですよ。