一戸建て住宅の設計は空気の流れが大事

一戸建て住宅の設計の際には、「空気の流れ」も確認しておく方がいいですよ。とくに吹き抜け天井があったり、一室空間タイプの間取りにしている家なんかは、「空気の流れ」はとても重要なことですからね。

「空気の流れ」というよりも、「空調の流れ」とでも言う方がピンとくることでしょうか。「冷暖房の風が家の中をどのように動いていくのか?」ということをしっかりと設計士さんに聞きましょう。そして納得がいかないところは、遠慮なく聞いてしまいましょう。

全員が全員そうであるとは言いませんけれど、なかには優良ではない設計士さんもいると聞きますからね。デザイン性を優先させて、空気の流れを二の次に考える人もいないとは言えません。マイホームでの生活における快適さを考えるにあたって、空気の流れを考えないわけにはいかないのに!

ですからこちらがチェックする意味合いでも、空気の流れについては確認を行いましょう。しっかり説明を受けてください。もし「あれ?この人わかっていないのかも?」と、不安に思うようでしたら、それはもう極端なところで別な設計士さんにもお願いした方がいいのかも知れません。